人気ブログランキング |

交通局跡地に「キ・ラ・メ・キ テラス」。2020年3月オープン?

鹿児島市は高麗町の交通局跡地を売却する最終候補=「優先交渉権者」を鹿児島市の南国殖産、今給黎病院、高田病院などの共同事業体に決め、きのう2月18日には同共同事業体の記者会見があり、建設する複合施設の名称を「キ・ラ・メ・キ テラス」とし、2020年3月のオープンを目指すと発表したそうです。

地元民放・南日本放送(MBC)のホームページによると、交通局跡地の電車通り側、約2万4500㎡について、鹿児島市は15日、審査で絞られた2者の中から、92億5000万円の購入価格を提示した鹿児島市の総合商社・南国殖産、今給黎病院などを運営する公益財団法人・昭和会、高田病院などを運営する医療法人・玉昌会などでつくる共同事業体を優先交渉権者に決めたそうです。跡地には7棟からなる複合施設を建設する計画。「キ・ラ・メ・キ テラス」と名づけられた施設には分譲マンションやホテル、スポーツクラブや温浴施設、スーパーなどを備えた商業施設が建設されるそうです。
また、救急患者に対応している今給黎病院と、長期間の入院などを提供する高田病院が移転し、緊急や重篤な患者を受け入れる急性期病院と、慢性期病院の連携を目指すとのこと。

地元紙・南日本新聞はきょうの1面で伝えている
交通局跡地に「キ・ラ・メ・キ テラス」。2020年3月オープン?_e0130185_18393533.jpg


追記】=2018年1月10日午後3時8分
昨年12月26日付けの地元紙・南日本新聞が、鹿児島市交通局跡地に世界最大手ホテルチェーン「シェラトン」が進出、2022年初めの開業を目指す、と報じていました(下写真)。交通局跡地利用を中心的に進めている地元総合商社・南国殖産がホテル運営会社「マリオット・インターナショナル」との契約を公表したもの。ホテル名は「シェラトン鹿児島ホテル」で、地下1階、地上19階、客室数はスイートを含め223室の計画。
交通局跡地利用では、高田病院、今給黎病院の移転することが決まっているほか、商業施設、分譲マンションが整備される計画とのこと。
交通局跡地に「キ・ラ・メ・キ テラス」。2020年3月オープン?_e0130185_14572260.jpg


追記】=2018年12月4日午後0時12分
きのう付けの地元紙・南日本新聞によると、参加事業者の計画変更などで当初予定より着工が遅れるとのこと。病院のひとつが今月着工とのことで、開業を2021年1月を目指すと報じています。

追記】=2018年12月9日午後3時58分
鹿児島市高麗町の交通局跡地に建設が計画されている今給黎総合病院の起工式が7日行われた、と地元民放・南日本放送(MBC)のホームページにありました。
交通局跡地には、ホテル、病院、マンションなど複合型の施設が建設される計画で、このうち起工式が行われたのは今給黎総合病院が初めて。同病院は交通局跡地の南側に建設されます。
現在下竜尾町にある同病院で、救急・がん・周産期の3つの機能が新しい病院に移ります。地上9階、地下1階で、救急車の受け入れが同時に3台まで可能になるということ。
来月から本格的な建設工事が始まり、2020年の夏ごろの完成を見込み、診療は翌年1月ごろからの予定、と伝えています。
by gayacoffee | 2016-02-19 18:39 | 鹿児島のご案内 | Comments(0)

鹿児島発! 生豆を水洗いする自家焙煎コーヒー店の日記


by gayacoffee